FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→猫に危険な植物主なもの写真つきリスト
前回、にゃあ姫ちゃんの過剰グルーミングの悩みをぶっちゃけましたが~
姫は、庭に出ているときは結構ご機嫌なのです(-^□^-)
ただ、姫は完全室内猫様でお願いしておりますので…

必ず、外出時はリードでお出掛けです。 (ワンちゃんと同じね。)
kyattominntohime.jpg
だから、庭に姫が居るときは、ちゃんと見てないと
木にリードが絡まってしまったあげく↓
・日陰に移動できなくなって熱中症

・狩りの失敗(トカゲとかセミとか捕るよ。)

・庭に来た近所の猫とケンカ(実際に起こったよ!今度記事かくね!)

・スズメ蜂との接触

・飼い主が抑制できなくなった犬が庭に乱入→食い殺される

・カワイイが為に道路側から誘拐

・人生捨てた者による無差別攻撃・虐待の被害に

・我に恨みを持つ者によるテロ行為により死傷

…とかが心配だからぁ~、ずーっと見てないとならんのですよ!
(※一部過剰な妄想が含まれております(笑))
naitte.jpg

んなワケで、私も必然的に庭に居る時間が長くなるワケなんで
すっかり無農薬のバラの庭造りに精が出て!

冬には植え穴を80cmは掘ったね!次の日死んだね!
ueanahori.jpg

庭に私が居れば、
姫も嬉しい・私も安心・バラ園充実・で言うことナシじゃん
himetopaahgorade.jpg

なんと言っても、
猫様には薔薇が似合う!

にゃあ姫に姿も色も相応しい!と今年植えたバラ、
ER フォールスタッフ(Falstaff)と姫。(だが生育不良によりショボぃ1番花…)
furusutaffuitibannbanatohime.jpg

にゃあ姫のシンボルツリーにしようと思って、張り切って植えたんス
(上のほうの、私がスコップ持って入ってる穴、あそこに植えたんス)
forusuta.jpg
本当はもっと大輪で、形も整っていて、
つる仕立てにも出来る強いバラらしいんだけど…。まあ、植えたばっかだしね

でも本当、にゃあちゃんのイメージにピッタリのバラだと思う
にゃあちゃんに相応しい、
にゃあ姫ちゃんの美しさを引き立てるバラだとビビッときたね
foruappu.jpg

兎にも角にも、
猫に危険な植物(中毒を起こし死に至る)ばかりの世の中で、

バラ科は、実(種)さえ付けさせなければ猫にほぼ安全!
(※注意!:バラの実(タネ)を食べると青酸で死亡。花ガラは残さず切るか、掃除に励む!)

プラス、
●無農薬&有機肥料のみ使用
有機でもニームはダメ、危険!
●蚊避け剤、蚊取り線香を使わずに庭仕事。(網を被り、長袖長ズボン、長靴使用)
●バラのトゲは切っておく!

猫の腎機能は、人や犬等、他の動物と比べて凄く弱いので
農薬・蚊の禁忌剤(合成薬品・自然成分、両方ダメ)を猫が吸い込むと、
完全に濾過できずに腎臓が少しずつ壊れていき
将来、腎不全になる可能性があります。

だから私は蚊避け用品・農薬は1つも持ってません

ニームオイル、スプレーは、
自然の有機肥料だから安全と勘違いしますが、

ニームの原料になってる植物は、「アザディラクタ・インデカ」という、
センダン科の、猫に中毒を起こす植物↓。


<嘔吐、よだれ、下痢、胃炎、けいれん、運動失調、呼吸停止、心停止。
ヒト、動物ともに死亡事故が発生。 >

↑こんな植物が成分のものは、いくら自然の贈り物…とか書いてあっても
猫にとっては毒。腎臓肝臓の機能がやられてしまう可能性あると思うんです。

猫にとっては、
自然由来であろうと危険なものが沢山!



プラス、↓バラの庭にお決まりの
クレマチス、デルフィニウム、ルピナス、スノードロップ、
クリスマスローズ、ロベリア、ニゲラ、他多数…

絶対に植えちゃダメ


ちゃんと「科」を調べてから購入しよう。
死に至る「科」
→ユリ科、マメ科、キンポウゲ科、ゴマノハグサ科、キキョウ科、
ヒガンバナ科、ツツジ科、アジサイ科、ネギ科、スズラン科、サクラソウ科、イチイ科、
ケシ科、ナス科、セリ科、トウダイクサ科、ムラサキ科
その他諸々…死にます!!)

死ななくても、腎臓肝臓が早くダメになったり
万が一ってことを考えると、
植えない方が断然心穏やかに過ごせるのだ

→猫に危険な植物主なもの写真つきリスト



バラの株元を猫に安全に彩りたい場合は、
猫に安全なシソ科にすること!
プラス、
触っただけで死ぬ毒ってほどでもないキク科。(←接触性の皮膚炎・嘔吐等の危険はアリ。)
(一部のキク科→フジバカマ等はダメ・アルカロイドが含まれる)
nekoniannzennsitabana.jpg

植えてOK!猫に安全な植物
キャットミント、(ジャイアントという草丈が高い種類もアリ)・ラムズイヤー、
ブラキカム、オステオスペルマム、アジュガ、ローズマリー、セージ、
ラベンダー、ミント・ハッカ系
などなど=全部シソ科&キク科♪
シソ科は他も多数アリ

あとは、ラズベリー、ブラックベリー、イチゴ等のバラ科(実は毒)
(ブルーベリーは猫に毒!科が違うよ。)

ああ、書き足りない…
また今度、きちんと纏まった記事&カテゴリ作るぞ。内容かぶるけど重要だからッ

安全に、思う存分、庭で過ごして欲しいからね
トカゲ探すにゃあ姫ちゃん
tokagemituketa.jpg

キャットミントを匂う小春ちゃん
kyattominntoniou.jpg
ではまた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。