FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防犯カメラ映像。4歳の男の子が犬に噛み付かれた時、
飼い猫のTaraちゃんが!


縫うほどの裂傷を負うほどの攻撃だった。
Taraちゃんが助けなければどうなってたか。
ttgerrrrrrr_20140529032907c52.jpg

こんな…隣家の飼い犬だって!カリフォルニア怖い!
私も、姫が庭に出ている時はTaraみたく即駆けつけられる距離に居ないとね…
badgsg_20140529032907a9d.jpg

米ではコヨーテとか猛禽類に猫食べられっちゃう危険があるし
日本も田舎だと、飼い猫が犬に殺されたって話沢山ある。

Taraちゃんは、ジェレミー君が赤ちゃんの時には
一緒にベビーベットで眠ってた仲なんだって!
gdyjwy_2014052903290717d.jpg

そしてやはり。Taraちゃん♀は元・野良猫。だと思った
fgffhdh.jpg

6年前、エリカさんの後を徹底的に追跡して家までついて来て、
決して離れようとしなかったんだって
(あるある姫もだし決めたんだよね)

さあ!
猫が悪役・犬がヒーローの映画ばっか作ってる、大バカどもめが!
イメージを改めよ!!

あと、黒猫捨てるなー!

↓こっちのインタビュー動画は、スローモーションでやってる。


但し・ウチのニャン子達には
私が猛犬に肉食い散らかされてても
一目散に逃げてくれ
と言い聞かせております。

「身代わりになんかなったら、
死んでも許さない!呪ってやる!」

これは脅しです…
スポンサーサイト
嬉しいよ~!吐き気止めの薬は合計4回飲ませて暫く
水曜の夜ぐらいから食欲と大声が完全復活!兆しはあったけど
siinogennztdbfh.jpg
↑この目力、立ちポーズ!気力充実ってかんじに見える

コタツから、大声で喋りながら登場して、
(元気な時は、常にこんなカンジな子)

カリカリ食べて、爪とぎもして♪
pakupakusii.jpg

しかもコレ、療法食!スペシフィック。油ギタギタで美味しいって
yokattaaaa.jpg

オヤツも要求!
トロサーモンとチャオ缶の味薄い水色缶に喜ぶ。
siimutyamutya.jpg

ン~マイ♪ペロリ☆ああ美人すぎる
siyokogaomajime.jpg

オヤツ後は必ず、お口元のお手入れするのこの仕草見てると幸せ
oteiresiita.jpg

すっごく上手に、細かくお手入れする子なのです
jyouzunasii.jpg

更に!押し入れ中段まで、
階段を駆け上がり駆け下りる、元気さ!
(汚くて恥ずかしい…両親の物置部屋…)
siinokaidan.jpg

なんか、威張ってる?
最近のお気に入り。小春と毎日、取り合ってる。
siiebaru.jpg

庭の薔薇が咲いてきてる夜はまだ寒くてコタツに入るけどね。
imanoniwa.jpg
↑奥のパーゴラに、にゃあチャンが座っているよ

「し~の実家の懐かしい旧シェルター」に似せてある場所で、
し~も春の陽気に包まれてお昼寝
jksdbu.jpg

希望の春…って感じた幸せな日でした
hjfisdgfs.jpg

突然だけど今日のしずか、
今までと、どこか違うのだ。解るかな?
sisutekiyokogao.jpg

にゃあちゃんゴメン…痙攣しないかな…
明日ハゲてたりして…
反省したばかりでゴメンなさい…(OO;)

今日しずかの点滴しない日だからって
ギリギリまで居たら、あれ?

しずかちゃんは、
いま薬を2日続けてて、

けっこう吐いたし、
全然食べないから
少量ずつ、シリンジを規定量入れてるよ。

体力落とさないようにする為だよ。

貧血と、低カリウム血症(だっけ?)
も怖いからだよ。

(寝る前にも1本するつもりだったよ…)

いま白くんが、
私の膝の上で赤ちゃん返りして
グーパーグーパーしているよ。

白の超猫っ毛が眼の中に入って痛いよ。

眼鏡持ってきてないから
朝までハードコンタクトつけっぱなしだよ。
痛いよ。

たった6秒の動画だけど瞳キラキラおねだりし~ちゃん


3/13誕生日の記事の日の写真を、
追加でup☆

お誕生日おめでと~しぃの好きなケーキだよ
aakeekida.jpg

あら?しぃ、炎が眼中に無い? 後ろの母、手が慌ててる
siitanosimi.jpg

あぶな!ファインダー越しだと距離感が…。しぃ、火、怖くないんだ…
honooosorenu.jpg

もぐもぐ
sizukeekipaku.jpg

むぐむぐ
kekipero.jpg

ごちそうさまでしたし~ちゃんは、女子だね
rorukajirijpg.jpg

このあと、大好物のトロサーモンを炙って、コバルジンをまぶして食べました
torosaamon.jpg



これ以降私は手がギタギタ(笑)
しぃちゃんは嬉しくて大騒ぎで、
写真撮影どころじゃなかったので終了(笑)

出来合いのケーキでごめんね…腎臓に悪いから、普段はダメだけど

ロールケーキ、シェルターでの思い出のケーキなの
しぃが女子会に参加しに来て、輪になって、私と分けっこしたんだよね

ふっふっふっ…間接キス…!はぁはぁ

しぃは、生クリームもカスタードクリームも好き
ちょびっとだから…炭入れたから…と胸のモヤモヤを抑えて時々はね

で、誕生会の前に行なった血液検査の結果
sskkssk_2014051104175006e.jpg

1年前の血液検査用紙↓2013年3月
ksyokaiketukenn_201405110416163cd.jpg

比較↓(左 1年前:右 現在)
akpptttu.jpg

急降下するのを、なんとか食い止めている状態です。

ウチに来て1日で、なんの良い思いもせずに、このまま…
という悲しい思いをしたことは、ずっと心に残ってるので
感謝しかないです。

どうやって維持できているのか?
持ち直したのか?
と聞かれることがありますが


説明が難しいんですね…

その子の性格とか
状態にも寄るし、

毎日の、変化を見て
(呼吸数、シリンジが飲み込めるか?
体重、行動、嘔吐数、排泄の確認、眠れているのか、舌・肉球の色)
の様子見、様子見…で

例えば、
しぃは、人が好きで好きで、
触れ合うと活力を出し、
ほっておくと気が遠くなるって子だけど

具合悪い時には飼い主にさえ触れられるとストレスになって、
かえって良くない子も多いと思うし

でも、全く食べなくなっても

まだ生きられる腎不全数値のステージの子で、

(しずかは末期と聞いていたけどステージ3で、
腎臓はまだ限界という所まででは無かった、でも貧血で命が危なかった
しずかの身体が血を作ってくれれば、
まだ少し生きられるという望みがあったが、
貧血の原因・進行状況から、もう血を造ることが出来ない可能性が高かった)

※ステージ3=血漿クレアチニン濃度2.9~5.0mg/dl
残存している腎機能の割合:25〜 10%


生きたい、という楽しむ意志が本猫にあって、

強制給餌のシリンジ(キドナ&じんさぽ)を
1円玉くらいの容量でで舌の奥に乗せて、
自力で飲み込めるようなら、

1日に最低キドナ半袋~1袋
&補液は続けたほうが,
私は、良いと思う


補液は、辛い症状を緩和する
意味
があるから、
してあげると身体が楽になるのだそうです

(39~41℃くらいのお湯で液を湯煎すると痛みが減るし
身体が冷えない。)

強制給餌は、
もう全く無理な状態だと、飲み込めないし吐いてしまうらしく
そうなると無理で、餓死しちゃう

飲み込めるなら、少しでもやったほうが良いみたい

餓死は、凄く辛い苦しい死に方らしくて

私は、あの段階で餓死させたくはなく、
まだ腎臓はもつのに
1日目の、あの楽しそうな、ジャンプまでしたり
TV見たりして張り切ってた、しーちゃんを思うと。

でも処置のストレスが酷い子
(泣き叫んだり、処置後も隅っこで震えてたり)
は本猫にとって生活に生きる喜びがあるのかどうか
考えちゃうと思う…

しぃは、飲み込めはしたし、

吐いてしまうと半日は間あけるのが普通だけど、

しぃは貧血で昏睡状態の境目でギリギリだったので
吐いても2~3時間後に、ほんの少しでも、入れました。

私、あの時とても仕事できる状態じゃなく、
あの時期、病欠してて仕事行ってないです。

実際そうだったし 胃に穴が開いたし 顎関節症になって
口が途中までしか開かなくなっちゃったし
喘息で苦しいし、眠れないし泣き虫だし( ̄ー ̄;?

このままじゃ、しぃの余生が無念で無念で、
でもどこか希望を捨てたくなくて

しぃの命を少しでも今、繋ぐのは強制給餌だけ、の状況では
強制給餌に対して罪悪感と迷いで苦しんだし

(最初は私もしぃも慣れてないから、
加減や量が掴めず、上手くいかないときもあった)

しぃが動く度に必ず目を覚ます過敏な状態になってて
自分がいつ眠ってるのか解らなくなるような日々で、

この時期に、

フルタイムで10時間家をあけてたら
ここまでくるのは無理だったかも。


これって大きいし悩みどころだし
説明が難しいポイントで…


キッカリ時間で帰れる職種とか、
昼休み帰ってこられる自宅近くの職場
とかじゃなければ…

残業だってあるんだし…仕事終わらないって…無理。

食べてなければ貧血は進行する
もし仕事行ってたら、
しぃは食べられないし


そしたら入院ってことになるけど
それは連れてきた目的とちがう、

人のぬくもりが欲しくて欲しくてたまらない子なのに
看取るって連れて来た責任はどうなるのってことで

こういうの全然自慢できることじゃないし
恥ずかしいことだけど

保障があるかわりに責任がある、
(ケイズインターナショナル事件!検索すべし)

通勤残業含めると10時間以上家を空ける日々では無理

気づいたら一番大切な猫達は、
年とってて余命宣告?


私だって、いつ死ぬか解らない
おばあさんになる前に喘息で死ぬかもしれないし?
(因みに喘息の人、「アドエアー」で予防すると
見違えるように発作起きにくくなるよ!)

私は車も子供も配偶者も持ってないし
旅行も贅沢にもあんまり興味ない、
親の持ち家に居候だし
(お金入れてる・夏場のクーラー代金は全部もってる)

今こんなしんどい働き方してる意味あるのかな…
とか悩んだ

勿論、しぃの腎臓病には凄いお金が掛かるし
にゃあちゃん春ちゃんの老後も
最高の医療を受けさせたいし

人間家族が長患いしたら一気に財政状況は変わるから

その為に、働いてるんだけど。

でも、お金凄いあるけど、にゃあちゃん亡くなりました、
とか…

小春がジャラシくわえて泣き叫んでるけど、
もう目が見えないし耳も聞こえない、
とかね…

人間の1年は猫の4年、
あっという間に若い時期は過ぎて

駆け回ったり、思いっきり遊べる今を
ないがしろにして

目も耳も足腰も弱って、
長期介護する資金はあるぞ!って言われても、
にゃあちゃん、嬉しいのかな?とかね…
沈むよね…
 
親兄弟は、自分のことが第一(外でやる趣味とか)で
私ほどは、猫に興味ないから当てにしてはいけない。

母はずっと専業主婦だけど、
足手術する前は、家に居るのは週1~2日位で
スポーツとかお喋り、家でも長電話で、私とは違う人種

実家の猫、っていうより完全に私個人の…なので。

だから、実家暮らしで家に専業主婦が居るからって、
猫が安心かって言うとウチの場合は違うんだな。

人それぞれ優先順位や興味の対象・感覚が違うからしょうがない。

でも今はリハビリ中だから、家に居る日のほうが多くて
しぃちゃんをスッゴイ可愛がってくれて感謝です!

安定を重視して、生きがいの猫達の青春は過ぎ去り、
残るは、自分とおカネだけ、
とか…私にとっては、最悪…
自分1人だけなら、どんな貧乏生活でもOKだし。

そういう、猫と私の
人生の残り時間の使い方
後悔しない生き方

とかまで考える機会をくれた、
しぃちゃんに、またまた感謝!


ここ2日、しぃの吐き気が凄くて
おととい5回吐いて、コタツに引きこもり
オヤツ要求・お喋り、なくなったから

吐き気止めの薬を
シリンジで夜・朝・夜と3回入れた。

薬使うのは、すごく久しぶりのこと。

炭と、便秘解消で少し良くなったと思ったけど、
やっぱり投薬して、
シリンジで栄養素と墨は毎日確実に摂取して貰うことにする。

これでも改善しなければ、
まだ1ヶ月早いけど血液検査など先生に相談して看て貰おうと思う。
にゃあちゃんの症状が一時は悪化していくかと思われましたが、
どんどん以前の快活さを取り戻し、お喋りキャイキャイも復活し、
現在は完全復活と言っても差し支えない状態になりました!
ohamnnami.jpg

原因は、
●FHSの可能性

●白クマ ピース君の痙攣発作と同じ原因の可能性。

(「 白クマ ピース 痙攣 」で検索してみてください)

●卵巣ホルモンが微量に出ている可能性
(避妊手術は保護する前にしてあったぽい)

●近所の猫(?)のスプレーが季節柄多くなった

●小春が姫を脅し、本能から来る行動を禁止された
(追記に記述)

●私のチヤホヤ不足
(しーちゃん優先・仕事掛け持ちで家をあけすぎ)

これが合わさった結果なのかもしれないので
ストレスを大至急無くす!
ってことを頑張りました。 

上記の件、詳しい説明は、追記に記載(記録として)
※記事最後尾の
Read More »»ってとこをクリックすると出てきます。

過剰グルーミングは、
もう血が出るまでやることは無くなったけど、


なにかストレスがあると、
さっきまでフサフサだった箇所が1日で、ハゲになってることも。
himeonaka.jpg

例えば、この日↓

しずかちゃん。この子は積極的な甘えん坊でベッタリさん。
hahatosizukanyanay.jpg

かまって欲しければ、ガンガンいきます。
大きな声で訴えます。私の母にアピール中。
okaasannsisi.jpg
(私が"ママ"で、私の母は、"おかあさん"ってことになってる(笑)

で、小春。しずかちゃんを気にせず、完全マイペース+。
koharutohahanekoneko.jpg
しずかの周りをウロつき、間を詰めて、
し~がウザがって避けた所にヨイショと腰を下ろした↑

で、にゃあちゃん。
他に猫が居るときは、遠くからジッと見つめる子。儚げ…。
gomennnasai.jpg

ストレス溜まるよね…私が気をつけてあげないとなんだよね。
nyaatyannfuyukai.jpg
写真撮ってる場合じゃなかったな。

にゃあちゃんは、私の着衣の上で寝るのが好き。
赤ちゃんみたいにモミモミしたり。
気はキツイけど、実は1番の甘えん坊ちゃん。
akatyanngaerijpg.jpg

にゃあちゃんがウチに来てすぐの頃の日課で、
(2005年。1歳未満の頃。↓)
himenanakagetu.jpg

押入れの中段で、
にゃぁちゃんを私の腕全体でマルッと囲んで包んで、
眠るまで頬擦り
する、
「マルマル」っていう習慣があって(;^_^A

私が
「マルマルする~?」
っていうと喜んで腕の中で丸くなって、
鼻息フンフン、お手手グーパーグーパーの赤ちゃん帰り。

それを、現在じゃあ全く日課と呼べなくなっていて
本当たま~に、
にゃあちゃんが私を誘う形でしか「マルマル」してなかったな…

ってことで、毎日、姫の気が済むまでマルマルをしたりもした。

全力でベタベタしていたからか、
つい最近、首にズババッと激痛が走って!

首に頚椎固定カラーするハメに(・・;)
ただ立ってるだけで痛くて目眩が!電車で気絶寸前になったよ~
sofutokaraaa.jpg
↑この形、「マルマル」してる時の腕の形にソックリ

あと、ササミは毎日あげるようにした。
大好物だし、ビタミンE。刺身も、たまに。

この子は、最初の一口は手からあげないと食べないし、
小さく切るまで待ち続ける。
himenoosasimi.jpg
(小春は、このぐらいの大きさ↑の刺身だと、チロチロ舐めたり、噛んでみたりは、する。
しずかは、カプッとくわえて運んでいったりする。
※勿論、少量しかあげてないヨ)

あと、身体に悪いから買うのを止めたシーバ、買ってみたり…
見て、このキラキラした期待の目を…箱の前で要求するようになってしまった…
honntoniiino.jpg
イヤだけど、たま~にオヤツとしてなら…しょうがない。

余談だけど
カリカリの味見は、「口いっぱい」頬張って、噛み砕かないと、
本当の塩気は解らないと思った!オェ!だけど…

(ゴックンする必要は無いよ!)

シーバは、例えるなら
カッパえびせん」ぐらいの塩気だった!

黒缶プレミアム」は、
お茶漬けよりもショッパかった!
kurokannn.jpg


※普通の黒缶(紙巻いてあるやつ)は、
そんなにスゴすぎる塩気では無かった。
(でも、ショッパイはショッパイよ)
kurokanfuutu.jpg

フツーに人間の食べ物よりもショッパイ、
佃煮みたいな塩辛い猫用フードが、
割りとあったよ!味見必須!!


あと、
11歳以上~とかの老猫用フードが、
同じシリーズの若猫用フードより、
ショッパかったのもあった!


自分でも食べられない程ショッパイものを、
猫にあげようとは思わないよね、

でも、味見して自分の舌で体感して思い知らないと
私、
ついつい際限なくあげちゃいがちだから、
ゼッタイ味見する…σ(^_^;)

しずかちゃんだって、腎臓が、もっと機能残ってれば…

人間の食べ物が好きで、
焼きソバ、カップ麺、からあげ、焼き魚、煮物で大騒ぎする。
たぶん、公園時代にホームレスさんから貰ってたのかな?
aaaaawrr.jpg

しずかには、
老後を精一杯、楽しんで欲しいので、
ある程度塩抜きして、欲しがるものは、ほんの少量あげる。

それでも嬉しそうだし、満足してくれてる(*⌒0⌒)b

話それたけど

昔みたいに、にゃあちゃんに邪険にされても、チヤホヤかまって、
ベタベタしたほうが、にゃあちゃんは調子が出るみたい!
iyagaruhimeaaa.jpg

しずかちゃんが具合悪いときは、しずか優先でベッタリで、
だいぶ自力で食べられるようになった時にも、

ずっと会ってなかった友人とか職場の人づきあいに
ちょっと出掛けてみたりも、しちゃって…
ダメだ私…

姫と出会った2005年は、
短時間バイトやってて時間たくさんあったけど
フルタイム勤務で10時間会えない生活になって
辛かったと思う。
kyawaiinegaonya.jpg

震災きっかけで、近所に就職したとはいえ、

しずか来てからは、しずかに付きっ切りで
フルタイム+夜にバイト(お水じゃないよ)
母の手術が重なって、

赤ちゃんみたいに甘えっ子にゃあ姫ちゃんに、
可哀想なことした。
makurahiza.jpg

やっぱり、基本、家にいれる時間は、家で過ごすことにする。

きっと、にゃあちゃんは白クマピース君と同じなんだと思う。
にゃあちゃんも下半身麻痺しかけるほど不安定だし…

しずかと思い出たくさんつくりたいし、

小春との、一件もあるし…

散歩も、朝晩と最低でも1日2回ゼッタイやる!
ワンコは、当然のようにして貰ってるんだし、にゃあちゃんだって!

↓手前の小春は、庭で満足。にゃあちゃんの視線は、外に向かって注がれてる。
sotomiteruhime.jpg


↓にゃあちゃん1人っ子時代。2006年。毛、フサフサ。
hitorikkojidainokoronn.jpg

どうしても、お外なんだよね。
nyaahimesotomiteru.jpg

とことん付き合います、姫様!

ohanami.jpg

追記~原因の追究の文章は、
もっと右下のRead More »»~って文字をクリックすると出てきます。

(ランキングのボタンの下に、再読み込みされます)
... 続きを読む
5:05くらいに目が覚めて、水飲んでたら、

しぃちゃんがアーン!て大きな声で喋りながら起きてきて、ウンチ1粒した。

あぉっ、あぉ、て言うからカリカリあげた。

窓の近くでカラスが5羽、小鳥数羽、煩く鳴いてビュンビュン飛びかったから、にゃあが怯えて声をあげた。

にゃあを大丈夫だよーって抱き締めて、
鳥よ~なんの騒ぎじゃ~って言いながら、にゃあちゃんを抱っこしながら暫く鳥見てたら、

ぐらん!とスゴい揺れがきて、にゃあがビクッとなった。

例の地震がついにきてしまったのではと思い、「こわい!」と思わず口走ってしまった。猫らが一斉に私を見た。

あっ、猫らが怯えるような態度とったら駄目なんだっとおもって猫らを集めて抱きかかえた。

やはり迅速な避難&パニクらない為にも、猫たちは全員、寝室に閉じ込めて毎晩一緒に寝る掟は正解。

猫らの水が床にこぼれるほど揺れた。

今調べたら、自然に目が覚めた5時頃に茨城県で震度1、
(なら横浜は震度1以下?こんなんでも目覚めるものなんだ)

次にきた大きい揺れが震度4だった。

眠いけど記録として送っておく。
いちばんスゴいのは、震度4が来る前にウンチ済ませた、しぃちゃんかな。
(あ、朝食も済ませてた)

小春は私に抱っこされたままダランと力抜いて何故かゴロゴロ喉鳴らしてすっごくイイコだった。縫いぐるみみたい。

にゃあちゃんは、やっぱり過敏で怖がりで声を震わせてた。

前回の記事から、投薬中も、足がひきつったように縮んで、そういう時に、近所中に響き渡るような、耳がつんざけるサイレンのような叫び声をあげる迄になっちゃったんだけど、

投薬期間が終わって暫く、段々と、普段のにゃあちゃんに戻ってきて!良かった!
色々、大変だったし、もうにゃあちゃんのことしか考えられなくて、頭一杯で、

色々バカみたいにチヤホヤしたりして頑張ったんだけど…

それを記録するのは後にして、
絨毯にこぼれた水を拭かねば…あと吐きあと。

しぃちゃんは、
コバルジンを増やしてシリンジ増やしたり、便秘の解消を目指したりなどしたら、吐き気が収まってきたような気がする。

試行錯誤が忙しくてブログに日記さえ記録出来ず。
忘れないうちに、猫達の毎日を残しておきたいから手帳には書いてある(^_^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。