FC2ブログ
→猫に危険な植物主なもの写真つきリスト
う~ん…
また頂いてしまったユリの花入りのフラワーアレンジメント…。(´д`lll)
yuriiiii.jpg
ユリの花(ユリ科全般)は
猫にとって致死的である

※米APCC(動物中毒治療センター)より

ユリ科の植物は、
その花粉、樹皮、葉、および種、漿果、根本、塊茎、新芽…
全てにおいて猫にとって致命的になる植物です。

「愛猫が万が一ユリ花粉舐めても?
動物病院に担ぎ込めさえするば大丈夫でしょ」
と思われている方、居ませんか…?

実は…
病院へ連れて行き治療しても
ユリ中毒から生還できる猫は
極めて少数であり、
大多数の猫が死に至ります。

teokure.jpg

●傍を通って、身体に付着した花粉を猫が舐めて→死亡。

●活けておいた花瓶の水を猫が飲んで→死亡。

●蕾にジャレていて飲み込んでしまい→死亡。

残念なことに、
贈って頂く花束には多くの場合ユリが入っているんです(悲)

贈って頂いた方・お花さん・お花屋さんには
大変申し訳なく、私も凄く悲しいのですが

家には絶対持ち込むことが出来ないので
即ビニール袋に入れて処分ということに…。
nantomoien.jpg

悲しいので
こういう知識が、猫居ない人達にも
広まれば良いのになぁ…

「花キューピッド」だと、
近所の花屋さんから直接届くから
事情を説明して、贈り主さんには内緒で
そのまま引き取って貰えたり出来るのかなあ

仲の良い方にだったら猫事情を説明して、
ユリの花だけ抜いて受け取ったって言ったほうが良いのかな?
イヤ~無理無理まさかねいくらなんでもソレはね(汗)
tokorode.jpg
ユリ科の花って、
なんと300種もあるんです!


特に良く見かけるのは…↓yuririri.jpg

yuri.jpg
よくある~気をつけようね

ちなみに猫にダメな植物は
大体もれなく犬にもダメです。猫ほどでは無い植物もあるようですが…

その他にも、
死亡する危険のある植物
で、良く庭や草地で見かける主なものは↓
yuugaisyo.jpg

次にダメなのが↓
damehana.jpg

他にも沢山あって紹介しきれない
でも写真見てると…
共通点が見えてくるね!


見た目が結構~似ているので
名前知らなくても見ただけで大体解りますよね☆

覚えておくと良いのが

死亡事故に繋がる、
球根系
ユリ科・ツツジ科・ナス科
ヒガンバナ科・キンポウゲ科

ツル性植物、サトイモ科!

それと
は殆どが猛毒
となるようです。

色々、挙げましたが
700種ですので…基本的なネギ類なんかは省いて
「エッ!ウチに今あるじゃん!」的な
植物を挙げました~

自分らの為に、
写真付き全リストを作成中です
だって
家族全員に暗記して貰わないとダメだから!

でも結局のところ、

売ってる花束、観葉植物は
確実に売り物にする為に
強力な農薬を使用して育ててる…

…ケースもあるらしいですから、

家に持ち込まないのがですね
atatitosyokubutu.jpg
もちろんッ…キミだよッキミ
スポンサーサイト